スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
うっかり忘れる足指の毛。自己処理よりもメンズ脱毛を選ぶ理由

うっかり忘れる足指の毛。自己処理よりもメンズ脱毛を選ぶ理由

うっかり忘れやすい足の指毛

写真01

サンダルを履いた時や素足になった時など、自分の足の指毛にハッとすることは少なくありません。普段は靴下や靴で隠れる足先は、ケアをうっかり忘れてしまいがちです。オシャレにキメてきたのに、足の指だけピンポイントで乱れていると、かえって目立ってしまいます。

今回は、足の指毛ケアについてご紹介致します。

なぜ生える足の指毛

体毛は、第二次成長期を過ぎたころにホルモンの影響を受けて濃く太く変化していきます。足の指毛も同様に、濃く長い毛が生えてきますが、人によって生え方に違いがでます。

もともと体毛は、体の保温や肌の保湿、外的刺激からの保護などといった役割がありました。しかし衣食住が整うにつれて人体の体毛は徐々に退化し、現在ではほとんどがその役割を果たしていません。足の指毛に至っては、清潔感を損なう悪いイメージしかありません。そのためこっそりと指毛を処理する男性が増えています。

ムダ毛と自己処理について

ムダ毛を処理する際にもっとも一般的に使われるのが、カミソリ・毛抜き・家庭用脱毛器です。特に足の指毛は、引き抜くと強い痛みが伴いますので、カミソリを使う方が多いです。しかし、カミソリで剃ると毛穴が目立ってしまったり、すぐに新しい毛が伸びてチクチクとした感触が出ます。また、自己処理によるムダ毛ケアは肌に負担をかける場合があります。

・カミソリ負け

カミソリの刃が当たることで、肌表面の角質層を削ぎ落とし細かい傷が付きます。繰り返し刃が当たると、角質層が薄くなりヒリヒリとした感触や痒みなどといった、カミソリ負けを引き起こします。

・毛抜きによる発疹

毛抜きや家庭用脱毛器は、毛を強い力で引っ張り抜くため、毛穴に負担をかけます。処理した跡が赤くプツプツと盛り上がると、しばらくは発疹が収まりません。

・埋没毛(埋もれ毛)

毛穴周辺が傷つき、皮膚がカサブタのように傷口を覆います。すると、次に生える毛が外に伸びることができず、毛穴の中で渦上に埋もれてしまう現象です。

自己処理でムダ毛を処理しても、毛は何度も生えてきます。これは、毛穴の奥にある毛根部が関係しており、自己処理では根本的な脱毛ができません。安全で効率のよい脱毛を希望する場合は、メンズ脱毛がオススメです。

RINX(リンクス)の足の指脱毛

メンズ脱毛サロンで使用する脱毛機は、毛の黒いメラニン色素に反応する光を照射させ、徐々に毛を目立たなくしていきます。毛穴一つ一つに満遍なく照射させるためには、定期的に通い続ける必要があります。長く快適に通い続けられるためにも、なるべく肌に負担のなく痛みの少ない脱毛法が適しています。

RINXでは、肌に優しく痛みを極力抑えメンズ脱毛専用のオリジナル脱毛器を使用しています。施術中は輪ゴムで弾かれる程度の痛みで、メンズ脱毛が初めてという方にもオススメしています。また、経験豊富な男性脱毛技能士が担当し、施術前は必ず肌チェックを行い安全に脱毛を進めて参ります。足の指だけでなくヒザ下など他の部位の脱毛も承りますので、お気軽にご相談ください。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る