スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
ムダ毛処理で肌負担を軽減、引き締まったお腹周りの印象を作る

ムダ毛処理で肌負担を軽減、引き締まったお腹周りの印象を作る

へそ周りの毛の印象

1)服装のイメージに与える影響

男性でも様々なファッションが楽しめるようになった最近では、季節を問わず肌を露出するなど個性的な服装も人気です。
敢えてハイウエストで着るスリムパンツなどもありますが、男性のパンツスタイルで一般的に受け入れられているファッションの一つにローライズが挙げられます。ローライズは通常のズボンに比べて股下が浅く、シルエットが美しく見えるのが特徴です。短めのシャツを合わせるとへそ下部分の肌が頻繁に露出されるため、ムダ毛の処理やスキンケアが欠かせません。
一般的にへそ周りの毛は男性にしか見られないため、女性の中には不快感を抱く方も多いです。厳しい異性の視線を意識して、好感度の高いファッションセンスをキープしたいものです。

2)男性特有の剛毛なへそ周りの毛

へそ周りの毛は男性の中でも毛深い方に生えていることが多いため、産毛はあまり見られません。
またカミソリや毛抜き、ハサミでカットするなどの自己処理後には短く太い毛が生えてくるため、薄いシャツから毛が突き出したり透けて見えるなど、他人に不快感を与えてしまうことがあります。 メンズ脱毛サロンなら、一本一本の毛を徐々に細く弱らせていくため、処理後に生えてくる毛を目立たせることがありません。
男らしさを残した減毛など、自分好みのへそ周りの印象に仕上げることが可能です。

自己処理が難しいへそ周りのムダ毛

写真01

ムダ毛の処理には様々な方法がありますが、処理したい部位や目的、年齢や肌タイプによって最適な方法を使い分けることが理想的です。 特に他の部位に比べて皮膚の薄い腹部やへそ周りのムダ毛を処理する際には、処理の回数を減らしたり毛周期を確認することで肌への負担を軽くすることが大切です。
範囲の狭いへそ周りの毛はカミソリや毛抜きで手軽に処理できそうなイメージが強いかもしれません。しかしカミソリでは、表面上見えている部分だけが削ぎ落されるイメージなので、皮下には毛が残ります。

また自然に伸びた毛は毛先が細くなっていきますが、途中で無理にカットされた毛の断面は広がり、毛穴からしっかりと確認できるため黒い色素が目立ちます。毛抜きで抜く方法は毛穴を広げるだけでなく、繰り返し引き抜かれることで皮膚がたるみ、ボディ全体から若々しい印象が失われます。
皮膚や部位の特徴に合わせてムダ毛の処理方法を選択し、見た目年齢を下げないように意識したいものです。

RINX(リンクス)のへそ周り脱毛

RINX(リンクス)は、男性脱毛を専門に全国各地に展開するメンズ脱毛サロンです。 へそ周りのような比較的脱毛範囲が狭い部位でも、肌の状態や毛の伸び具合を確認してから脱毛するため、肌表面や毛穴に対して強い刺激を与えることなくムダ毛を処理することができます。
男性専用に独自開発されたRINXオリジナル脱毛機で、安全なメンズ脱毛を実現します。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る