スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
なぜヒゲは伸びるのか。効率のよいほほ脱毛について

なぜヒゲは伸びるのか。効率のよいほほ脱毛について

気になる頬の毛処理

写真01

毎日伸びてくる男性のヒゲは、お手入れに手間がかかります。
しかしエチケットとしてヒゲを整えておく必要があるため、
ケアを疎かにもできません。そのためヒゲの処理に悩む男性は多くいらっしゃいます。
頬の毛脱毛にはどのような方法が効果的なのでしょうか。

今回は時間を大切に使いたい男性のために、安全で効率のよい脱毛についてご紹介いたします。

なぜヒゲは伸び続けるのか

ヒゲは他の体毛と同じように、毛穴の奥にある毛根部から毛の生え変わりを周期的に繰り返します。
まずは毛穴内の構造についてお話し致します。

毛穴の奥にある毛根部は毛を再生する組織が集まっています。

毛根:皮膚の中に隠れている毛穴部分
毛球部:毛の根元で膨らみのある部分。毛を再生する毛乳頭や毛母細胞がある。
毛乳頭:毛細血管から栄養を吸収して毛母細胞へと送る。
毛母細胞:毛乳頭からの栄養によって、毛を再生させる
毛包:毛根を包み保護する組織

このように一つ一つの小さな毛穴は、多くの組織で成り立っていることが分かります。

毛の生え変わりを「毛周期」と呼びます。

成長期:毛母細胞が細胞分裂を繰り返すことで、毛が成長させる。
毛は毛穴の外にまで伸びやがて成長が止まる。
退行期:毛が成長しきると根元から離れ、抜け落ちやすい状態へと変化する。
休止期:毛が抜け落ちた後はしばらく休み、次の毛の再生を迎える。

皮膚上で確認できる成長期の毛は、毛穴全体の3分の1とも言われています。

ヒゲの特徴と脱毛時期について

写真01

一般的にヒゲは、一日に0.2mm~0.4mm伸びます。
また一日のうちで朝方が最も伸びやすく、反対に昼間は成長が遅くなります。
季節によっても伸び方に差があり、秋が最も成長するのに対し真冬は伸びにくいです。毛の量や濃さにはホルモンバランスが関与していることが分かっています。
しかし季節や時間帯によって差がでることについてはハッキリとした原因が分かっておりません。

ホルモン分泌は年齢によっても異なってきます。
思春期のころは活発なため毛が伸びやすい状況です。
この時期の脱毛はホルモン量が安定しないため、脱毛効果を得るまでに時間がかかる可能性があります。
一方白髪が増える中年以降では、ヒゲの色が薄く白く変化することがあります。男性脱毛サロンの場合、
毛の黒い部分に反応させる光やレーザーを当てるため、白髪になったヒゲには効果が表れにくいです。
そのためヒゲの状態が落ち着いた20代以降~白髪が出始める時期までが、ほほ脱毛の理想的なタイミング
と言えます。

RINX(リンクス)のほほ脱毛

頬のヒゲや濃い産毛を処理しておくことで、毎日のヒゲ剃りの手間が減ります。
また、毛穴や青髭(ヒゲ)を目立たなくする効果もあるため、顔がワントーン明るくなり肌触りの良さも
持続します。

RINX(リンクス)の男性脱毛では、脱毛技能士がお客様の毛の量や濃さに合わせて、脱毛機の照射レベルを調整します。
ほほは皮膚が薄くデリケートな部分ですが、十分に冷却保護して行いますので男性脱毛が初めての方にも
オススメです。ほほ脱毛の範囲は基本的に頬骨周辺から上側ですが、お客様の状態に合わせて臨機応変に対応
いたします。事前のカンセリングでお気軽にご相談ください。

毎朝のヒゲお手入れを楽にしたいと考えている男性は、RINXの男性ほほ脱毛をお試しください。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る