スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
正しいヒゲ剃りとは?埋没毛を避けるほほヒゲ脱毛

正しいヒゲ剃りとは?埋没毛を避けるほほヒゲ脱毛

男性の肌は敏感

写真01

男性にとって毎日のひげ処理は、大切なエチケットの一つです。ひげは体毛の中でも特に太く伸びやすいため、ひげ剃りには手間がかかります。
カミソリの刃を肌に滑らせると、肌表面の角質層を少しずつ削ぎ落とします。角質層には、肌を保湿し外的刺激から守る大切な役割があるため、何度もカミソリの刺激にさらされる男性の肌は敏感になりやすいです。
今回は、正しいひげ剃りについてご紹介いたします。

正しい髭剃りとは

肌に優しいひげ剃りに欠かせないのが、下準備とアフターケアです。肌をしっかりと保護し、カミソリの刺激を少しでも和らげるのがポイントです。

1)生え方の確認する

ひげは生える場所によって毛の流れが異なるため、鏡などで確認をします。

2)ヒゲと肌を柔らかくする

肌とヒゲを保湿し弾力性を持たせることで、カミソリによる負担を減らすことができます。 蒸しタオルでひげと肌を柔らかくし、シェービング剤をつけます。そうすることでカミソリの滑りがよくなり、肌への刺激も軽減されます。

3)毛の流れに沿って剃る

ひげを剃る際は、毛の流れに沿ってカミソリを滑らせます。力をかけず優しく動かすのがポイントです。部位によっては、毛が太く硬い場合があります。そのようなひげは最後に処理をするようにし、シェービング剤で十分に柔らかくなってから剃ります。

4)青髭を抑えるなら

ひげが多い人の場合、キレイにそっても青髭として残ることがあります。少しでも青髭を抑えたい場合は、毛の流れに沿ってシェービングした後、一度だけ毛の流れに逆らって剃ります。毛穴に残る毛が短くなり、青髭を少し抑えることができます。

5)アフターケアをする

ひげ剃りの終わった肌がヒリヒリと感じるのは、軽い炎症を起こしている状態のためです。
顔に残ったシェービング剤を洗い落とし、化粧水や乳液などで肌をしっかりと保湿します。カミソリの刃も清潔にし水気を取ります。

埋没毛について

毛穴の奥には毛を再生させる細胞があり、毛を繰り返し成長させます。カミソリなどで毛穴が傷つくと、肌が自己修復のために毛穴を覆うことがあります。
毛穴が塞がれた状態では、毛が外に排出することができず、毛穴の中で丸まります。これが埋没毛です。
自己処理によるヒゲ処理は、埋没毛のように肌に負担を与えることが多いです。より安全な処理には、ヒゲ脱毛に特化したメンズ脱毛がオススメです。

RINX(リンクス)の両ほほ脱毛

メンズ脱毛では、毛のメラニンに反応する光を照射し、毛を毛根から脱毛します。そのため毛穴を傷つける心配もなく、埋没毛が起こりにくくなります。
毛の成長に合わせて定期的に施術を受けることで、ひげを徐々に薄く目立ちにくい毛へと変化させます。滑らかな肌が持続し、ひげ剃りの手間が軽減されるため、朝の時間を大切にしたい男性にオススメです。

RINXの両ほほ脱毛では、出力調整によって太い毛はもちろん、産毛のような細い毛にも幅広く対応いたします。知識の豊富な男性脱毛技能士がお客様の肌状態をその都度確認しながら安全に進めてまいります。
しっかりと肌を冷却することで脱毛時の負担と痛みを和らげ、施術後も冷却アフタージェルで肌を落ち着かせます。ひげ脱毛が初めてという男性も、RINXまでお気軽にご相談くださいませ。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る