スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
あご下や首のヒゲ処理で気をつけたい事

あご下や首のヒゲ処理で気をつけたい事

気をつけたいヒゲ処理によるニキビ

写真01

毎日のヒゲ処理は正しい方法で行うことが大切です。
肌荒れを起こしたりニキビの原因になることがあります。ヒゲ処理によるニキビであれば、方法を変えるだけで改善させることが可能です。

正しいヒゲのケアと、ニキビの対策の方法をお伝えいたします。首やあご裏のヒゲ処理による肌荒れやニキビを改善させてキレイなお肌を手に入れましょう。

ヒゲ剃りで出来るニキビの原因

写真02

肌の表面の表皮は外部環境から肌を守る為に水分を蓄えています。適度な水分があることでキレイな肌を保つことができます。ヒゲを剃るときには、ヒゲと同時に肌の表面にも刃があたるので皮膚表面に細かなキズがつきます。

ヒゲ剃りで表皮を削ってしまうと、肌本来のバリア機能が落ちニキビができやすくなります。

また、肌の水分量が落ちると乾燥を防ごうとして肌の油分量が増えます。ニキビ菌は肌の油を好むため、さらにニキビが増えやすくなります。お使いのカミソリやシェーバーは常に清潔に保つように心がげてください。

ニキビを作らないヒゲの剃り方

写真03

ヒゲ処理が原因のニキビは肌に負担をかけることで起こりやすくなります。そこで、お肌に優しいシェービングの方法をお伝えします。使用するヒゲ剃りは、T字よりも電気シェーバーの方がお肌に優しくヒゲ処理ができます。

家電量販店等ではとても高性能なシェーバーも出ており、刃を肌に当てずに深剃りができる電気シェーバーもございます。ヒゲ剃りの刃でお肌の傷つきを減らすことができます。

そのため、カミソリよりも電気シェーバーを選んだ方がニキビができにくいです。
特にあご裏や首は皮膚が薄いので電気シェーバーで負担を少なくして剃りたいものです。

また、ニキビができにくくするためにもシェーバーの刃は常に洗浄し、定期的に交換すると良いです。
同じ刃を長期間使い続けると、刃の切れ味が悪くなり毛に摩擦が起こり肌に負担がかかります。
ですので、刃は定期的に取り換え、切れ味がいい状態・清潔な状態を保つことが大切です。

カミソリで剃る場合は必ずシェービングフォームを使用するようにしてください。
何も塗らずにカミソリで剃ると肌が傷つきやすくなりますので避けた方が良いです。
新しい刃の電気シェーバーでも、シェービングフォームをつけたカミソリの処理の後でも、
肌の負担がゼロになるわけではありません。

肌の水分量をたっぷりと保持できるよう、シェービング後は化粧水・乳液で保湿をすることが大切です。
乳液は保湿できた状態を長く維持させることができるので、化粧水と乳液はセットで使用すると良いです。

メンズ脱毛でヒゲ処理によるニキビを解決

写真04

メンズ脱毛を行えば、ヒゲ処理の頻度を減らすことができるため、皮膚への負担が減りお肌がキレイになります。

ヒゲ処理による肌荒れやニキビを解消したい場合にもメンズ脱毛は最適です。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る