スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
あご裏のヒゲと青髭対策にはメンズ脱毛が効果的

あご裏のヒゲと青髭対策にはメンズ脱毛が効果的

あご裏のヒゲに悩む男性たち

写真01

ヒゲ剃りは男性にとって日々欠かすことのできない、エチケットの一つです。時間や手間の掛からないカミソリや電気シェーバーを使用することが多いですが、きちんと剃らないとすぐに伸びてきてしまいます。特にあごやあご裏のヒゲは濃く太い毛が生えやすく、人の目にもつきやすい場所です。深剃りをしても青ヒゲが目立ってしまい、剃り跡を綺麗にできないと悩む男性は多いです。

今回はあご裏のヒゲと青ヒゲについてお話致します。

あご裏のヒゲ剃りについて

あごの裏側は全体的にカーブを描いており、しっかりカミソリの刃を当てにくい上、鏡で確認しにくく剃ることが難しい部位でもあります。しっかりと剃ろうとして、何度も深剃りを繰り返すことは、肌の角質層を傷つけカミソリ負けや炎症の原因となる場合もあります。

青ヒゲの原因と対策

あご裏のヒゲ剃りに加えて悩まされるのが、青ヒゲ対策です。青ヒゲとは、剃り跡が青く残ってしまう現象で、毛穴に残ったヒゲが肌に透けて見えることが原因です。ヒゲは肌の下5mmほどの深さから生えているため、丁寧にひげ剃りをしても青ヒゲは解消しません。

そこで少しでも青ヒゲを目立たなくするには、以下のような方法があります。

1)午前中に剃る

ヒゲは、朝6時~10時頃が最もよく伸びると言います。そのため夜間に剃っても翌朝には伸びてきてしまうので、ヒゲの成長が落ち着く朝10時以降にお手入れするのが理想的です。ただし仕事や学校など午前中から用事がある場合は、お出かけになる前にシェービングするのが良いです。

2)丁寧な深剃り

少しでも毛穴に残るヒゲを短くするには、やはり深剃りが有効的です。T字カミソリとシェービング剤を使ってしっかりと肌を保護しながら剃ります。最初は毛の生えている方向に沿って刃を当てますが、この時手で肌をひっぱりなるべく肌の凹凸を無くします。全体を剃った後に剃り残しがあれば、毛の流れに逆らって剃ります。逆剃りをする際は、刃と肌が密着しすぎないよう軽く剃るのが理想的です。
剃り終わったら、化粧水や乳液などでしっかりと保湿します。

3)ヒゲ用コンシーラーを塗る

肌のくすみや黒ずみをカバーするコンシーラーを気になる青ヒゲ部分に塗り、指の腹を使って周囲と馴染ませます。より自然な仕上がりにしたい場合は、顔色にあったパウダーを軽くはたくと色やテカリが抑えられます。

青ヒゲをヒゲ剃りだけで解消することは難しいですが、メンズ脱毛は毛穴の中からヒゲを脱毛するため、青ヒゲを効率よく無くすことができます。

RINX(リンクス)のあご下脱毛

あご裏や首元など、ご自身で剃るのが難しい部位はメンズ脱毛がオススメです。毛の黒い部分に反応する光を当てて、徐々にヒゲを目立ちにくく細い毛へと変えていきます。肌の凹凸に関わらず、満遍なく処理できるため自然で美しい仕上がりが期待できます。

RINX(リンクス)のあご下脱毛では、あごの裏側から首元までの広い範囲を脱毛できます。お一人お一人の肌質や毛質に合わせて調整いたしますので、痛みが心配な男性やメンズ脱毛が初めてという方もご安心いただけます。施術には経験豊富な男性脱毛技能士が担当いたしますので、お気軽にご相談ください。

しっかりとヒゲを処理して、美しい素肌をキープしたい男性はRINXのあご下脱毛をお試しください。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る