スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
自分に合った髭デザインで、素敵にイメージチェンジ

自分に合った髭デザインで、素敵にイメージチェンジ

男の口周りケア

写真01

男性にとって口周りは、髭(ヒゲ)の日頃のケアが欠かせない場所です。清潔感を与えるために、全てを剃るという男性が多いですが、最近ではオシャレな髭をデザインして処理するケースも増えています。

芸能人のようなモテ髭を目指して、自分に合った髭デザインを探してみてはいかがでしょうか。

今回は、髭のデザインについてご紹介致します。

イメージチェンジに髭デザイン

鼻下や顎・もみあげ周辺など、髭が生える場所や濃さには個人差があります。
それぞれの体質に合った髭デザインで、イメージチェンジが可能です。

初心者向け:オーソドックスであっさり目の口髭または顎髭
中級者向け:口髭と顎髭と合わせて、唇下の髭を縦に伸ばす
上級者向け:薄い無精髭や、やや濃いめの髭で口周りを囲ったデザイン

特に口髭のポイントは次の通りです。

・極端に「への字」にしない
・細く作りすぎない
・ちょび髭にしない

顎髭のデザインは、フェイスラインとの相性があります。
顔の形を鏡で確認し、どのような髭が合うか知っておくとイメージが掴みやすいです。

たまご型:唇と同じ幅で合わせる
丸型:顎髭を長めに整え、顔を長く見せる
面長型:下顎の幅に合わせることで、顔を短く見せる
エラ張り:唇の幅よりも広くとってシャープな印象にする
逆三角型:三角形の顎髭で顎を広く見せる

髭の整え方について

自分で髭をお手入れしたいという男性は、以下のアイテムがあると便利です。

1)鏡

卓上におけるタイプなど、斜めの角度で顎下を映せるもの

2)コーム(櫛)

眉毛カット用など、目の細かいコームで毛の流れを整える

3)カミソリまたは電気シェーバー

余分なムダ毛を剃る

4)ヒゲトリマー

長さを調節してカットするために使う

次に髭の作り方をご紹介致します。

◆顎髭
1.髭全体の長さを6mm程度に整える
2.髭のキワから2cmまでを4mmにカットする
3.さらにキワから1cmまでを2mmにカットし、グラデーションをつくる

◆鼻下
1.髭の全体を4mmほどに揃える
2.鼻下の輪郭を整える
3.唇上の輪郭を整える

最後に余分な髭を剃って完成です。自分で髭を整えるのは時間と手間が掛かります。
専門の男性脱毛サロンでは、髭デザインの相談にも応じてもらえるのでオススメです。

男性脱毛サロンで口周り脱毛

毎日の髭剃りが億劫と感じたり、髭がすぐに伸びてきて困るという男性には、男性脱毛サロンでの髭脱毛をオススメします。
髭の黒い部分に光を照射することで徐々に髭を減らし目立ちにくくします。
カミソリでは残ってしまう毛穴の青みも、髭脱毛で少しずつ解消されます。自己処理の回数も減ることで、肌への負担が少なくなるのもメリットです。

RINX(リンクス)の口周り脱毛は、鼻下・口下・あご・顎下・首など細かいパーツに分けた脱毛プランをご用意しております。
デザイン脱毛や髭を薄くする「減毛」も可能ですので、カウンセリング時に理想の形をお伝えください。

使用する脱毛機には冷却システムが搭載されており、肌を冷やしながら脱毛します。また、施術後は冷却アフタージェルを使って肌を十分にクールダウンさせます。肌に負担が少ない施術ですので、男性脱毛が初めてという方でもご安心いただけます。

髭デザインでイメージチェンジをしたい男性は、ぜひRINX(リンクス)の口周り脱毛をお試しください。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る