スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
額のベタつきやカサつきを、心と体から改善

額のベタつきやカサつきを、心と体から改善

額の肌荒れは季節を問わず

写真01

男性女性問わず、多くの方が額周辺の肌荒れに悩まされた経験があると思います。
季節を問わないベタつき感だけでなく、乾燥でカサカサとしてしまうといったケースもよく聞きます。
額の肌荒れの原因はどこにあるのでしょうか、またその対策には何が有効なのでしょうか。

今回は、額の肌荒れについてお話します。

肌荒れは心身のバロメーター

思春期の頃は、額のブツブツに悩まされるケースが多いです。
これはホルモンバランスの影響で皮脂分泌の調整がうまくいかなくなり、額の肌荒れを起こしやすくしているのが原因と言われています。

思春期は子供から大人へと体つきを変える大切な時期です。男性はテストステロンやアンドロゲンが、女性はエストロゲンなどが活発に分泌されるようになり、「男らしさ」や「女らしさ」が体に現れてきます。
そのためホルモンバランスが崩れた影響で、皮脂の分泌が正常に抑えられなくなり、肌荒れを起こしやすくするのです。

また、ホルモン以外に精神的な部分も大きく関係します。それは私たちが日頃から受けている「ストレス」です。
適度なストレスは体にとって大きな問題はありません。私生活でのプレッシャーや睡眠時間の減少、食生活偏り気味な方は生活習慣を見直すことでストレスを緩和し、肌荒れを抑える効果が期待できます。

額の肌状態を正しく知るために

額の肌荒れは、場所によって状態が異なることが多いです。

1)Tゾーン(額と鼻筋のライン)

皮脂の分泌が上手く調整できず、ベタつきやニキビなどになることが多いです。

2)こめかみの痒み

こめかみは皮脂の分泌が少ないであるため、肌が乾燥しがちで外部の刺激を受けやすいです。

人相学はあくまで占いの一つですが、統計的に昔からこのように大分される傾向があると考えられます。
それだけ人に与える印象が変わるという事ではないでしょうか。
周りの方で額の広さとこのイメージが合うかどうか、思い浮かべてみると面白いでしょう。
逆に自分の額が狭いと感じる人は、髪型アレンジや産毛ケアをすることでイメージチェンジが可能になります。

3)額の乾燥肌

本来額は皮脂が分泌されやすく、乾燥しにくい部分です。その額がカサカサに乾燥する原因の一つとして、使用しているシャンプーと肌との相性が悪い場合が考えられます。肌にやさしいシャンプーを選んだり、十分に泡を洗い流すといったことで、カサつきが抑えられます。

額のスキンケアには、「皮脂や古い角質をしっかり洗い落とし、きちんと保湿をする」ことが大切なポイントです。
特に頭髪の生え際周辺は、シャンプーやコンディショナー、洗顔料が残りやすいため、よく洗って落とすと良いでしょう。入浴時は頭髪や体を洗い終わったあとに洗顔を行うことで、洗い残しが少なくすみます。

肌荒れも改善する額脱毛とは

額の毛を脱毛すると、テカリにくくなったと感じる方もいます。これは、額の毛穴が収縮して皮脂の分泌が抑えられるためです 額脱毛は肌のトーンを明るくさせるだけでなく、細菌の繁殖を抑えてニキビなどができにくい美肌へと導きます。

RINX(リンクス)での額脱毛

RINXのメンズ脱毛は、額だけでなく眉間やこめかみ周辺の脱毛も可能です。
専用の脱毛機と冷却装置で、痛みを抑えた脱毛ができます。
肌荒れなどでお悩みの場合も、専門の脱毛技能士が丁寧にカウンセリングをし、お客様一人一人の肌状態に合わせた施術をご案内いたしますのでご安心ください。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る