スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
理想のもみあげの形とは?もみあげ脱毛でお手入れ簡単に

理想のもみあげの形とは?もみあげ脱毛でお手入れ簡単に

男にとって、もみあげとは

写真01

ショートヘアを好む男性の中には、もみあげをどこまでカットしていいのか判断が難しいと感じることがあります。もみあげは、長さや太さなどによってその人の雰囲気や印象を変える大切な部分です。

自分にはどのようなもみあげが似合うのかと悩む男性のために、今回はもみあげのデザインについてご紹介致します。

もみあげから好印象を与える

もみあげに生える毛は、人によっては癖があったり多く生えたりと差があります。まずはご自身の毛質やヘアスタイルにあったもみあげを作ることが大切です。

以下にもみあげの長さ別にスタイル法をご紹介します。

1)短いもみあげ(耳の穴の高さ)

・鋭角型
先を尖らせることで、自然な仕上がりになります。前側はこめかみ周辺から垂直になるよう形を整え、後ろ側は前側に向かわせます。

・四角型
耳の穴の高さで、もみあげを水平に処理するだけで簡単にできるスタイルです。几帳面な雰囲気が出せます。

2)平均的なもみあげ(耳たぶ程度の高さ)

・垂直直線型
もみあげの前側を垂直に下ろした逆三角形を作ります。とても一般的なもみあげの形なので、どの髪型にも合わせやすく失敗が少ないです。前側のもみあげを少し手入れするだけでも、自然な仕上がりになります。

・前傾型
もみあげの先端をやや頬側につくり、全体的に前側に傾斜するように整えます。そのため、もみあげの後ろ側は広く剃ってスッキリさせます。フェイスラインが締り、小顔効果が期待できます。

3)長いもみあげ(顎まで伸びたもみあげ)

もみあげ周辺の毛が多く生えている必要があります。人によっては小顔に見えたり面長に見えたりと、ベースとなる顔の形で印象が大きく変わるスタイルです。このような長いもみあげは、男性的で野性味のある印象を与えます。また顎髭と繋げるとさらに男らしい印象が強くなります。

もみあげを整えるために

自宅でもみあげを整えるには、次のような用具があると便利です。

・鏡(自立型もしくは壁掛け型)
・シェーバー
・眉用ハサミ
・コーム
・眉ペン

理想のもみあげラインになる部分に、眉ペンで印を付けておきシェーバーやハサミで処理します。もみあげの後ろ側は見えにくいので、鏡でよく確認しながら慎重に行います。

もみあげの毛は一度処理しても再び生え揃ってしまうため、お手入れが煩わしいと感じる男性もいらっしゃいます。そんな男性には、専用脱毛機で肌に優しく処理できるメンズ脱毛がオススメです。

RINX(リンクス)のもみあげ脱毛

もみあげを脱毛すると、毎日のお手入れが楽になり肌を清潔に保ちやすくなります。フェイスラインのシェービングが難しいと感じる男性に適しています。
また、好みの形に整える「デザインひげ脱毛」や、生え際をグラデーションにして自然な仕上がりを目指す「減毛」も可能です。

RINX(リンクス)の両もみあげ脱毛では、お客様のご要望や肌質に合わせたパーソナル脱毛をご提案いたします。経験豊富な男性脱毛技能士が丁寧に対応いたしますので、もみあげのデザインや脱毛に関するお悩みもお気軽にご相談ください。脱毛中は、肌質や毛質に合わせて照射レベルを適切に設定いたします。痛みが心配な方もメンズ脱毛が初めてという方でもご安心いただけます。

もみあげ脱毛で、毎朝のシェービングの負担を減らしてみてはいかがでしょう。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る