スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
肩のムダ毛は処理しにくい?メンズ脱毛と脱毛機について

肩のムダ毛は処理しにくい?メンズ脱毛と脱毛機について

両肩のムダ毛ケアについて

写真01

肩のムダ毛は自分ではなかなか確認しにくいものです。産毛のような細い毛でも、密集して生えれば黒く目立ちます。自分では分かりにくい分、人から指摘されて気が付いたということも少なくありません。
両肩のムダ毛処理は、手が届きにくい上形も複雑で、自己処理ではなかなか難しいという点があります。

複雑な肩の構造

人間の肩は、鎖骨・肩甲骨・上腕骨などをつなぐとても重要な役割を担っています。骨と骨を繋ぐ幾つものじん帯は、複雑に交差してトンネルのような形態をしています。周辺の筋肉は細かく分かれており、腕を様々な方向へと動かします。このように肩の構造はとても複雑なため、肌を指で滑らせると細かい凹凸が前後左右にあることに気付くはずです。

実際にカミソリや家庭用脱毛器を肩に当ててみても、この複雑な凹凸が刃の滑りを悪くし、安全に自己処理することが難しくなります。気になる肩の毛を処理するには、専門のメンズ脱毛がお勧めです。

メンズ脱毛と脱毛方法について

・ニードル脱毛

針脱毛とも呼ばれるこの脱毛法では、極細の針を毛穴に差し込み電気刺激を毛根部に与えます。毛の再生を行う毛母細胞が刺激され、新たな毛が生えるのを防ぎます。脱毛する全ての毛穴に対して行うため、施術には時間と費用がかかり、肌への負担も大きく強い痛みが伴います。

・医療用レーザー脱毛

YAGレーザー・アレキサンドライトレーザーなど医療用に使われるレーザー機器を使用します。レーザーの波長を調整することで、ヒゲのような太い毛から産毛まで対応することが可能です。レーザーから出る熱エネルギーを集中的に当てるため、肌への負担も大きくなります。濃く目立つ毛の場合は特に痛みを伴いやすく、発疹が続くこともあります。また医療機関による自由診療のため、値段が高く設定されていることが多いです。

・美容ライト脱毛

医療用レーザー脱毛と同じように、黒いメラニン色素に反応する光を当てます。それにより毛根部が刺激され、徐々に毛を細く目立ちにくく変化させます。医療用レーザー脱毛と比べ、照射レベルが抑えられており、肌に優しく痛みの少ない脱毛が可能です。肩のように凹凸が激しい部分でも、満遍なく照射できる点もメリットの一つです。

メンズ脱毛では、毛の再生サイクルに合わせて施術を繰り返していくため、肌に優しい脱毛法がオススメです。

RINX(リンクス)の両肩脱毛

両肩の毛を自ら処理することは困難です。市販されているカミソリ・除毛剤・脱色剤よりも、プロによる施術のほうが仕上がりもよく安全に脱毛することができます。筋肉や骨が複雑に重なり合う肩の脱毛には、メンズ脱毛が最適です。

RINXの両肩脱毛では、肩から首手前までの範囲を脱毛できます。脱毛中は冷却システムにより肌をしっかり冷やし、適切な照射で痛みを極力和らげます。実際の脱毛体感は、輪ゴムで軽く弾かれる程度です。しかし痛みに不安のある場合やメンズ脱毛が初めてという方は、事前のカウンセリングでお気軽にご相談ください。熟練の男性脱毛技能士が、丁寧にお客様のお悩みにお応えいたします。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る