スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
メンズ脱毛の回数と目安

肌への負担を減らすメンズ脱毛

ムダ毛の自己処理について

写真01

気になるムダ毛は、自宅でケアすることが一般的です。カミソリや家庭用脱毛器など種類も豊富で、誰にも知られず手軽に処理できるのがメリットです。
しかし根本的な脱毛にはならないため、新たな毛が生えそろう度に処理が必要となります。
ムダ毛の自己処理を繰り返すことで、肌表面にある角質層が削ぎ落とされ、肌への負担が大きくなるというデメリットもあります。
今回は、ムダ毛の自己処理とメンズ脱毛についてお話しいたします。

自己処理による肌への影響とは

肌表面にある角質層とは、皮膚の水分を保ち外的刺激から身を守る役割も担っています。この角質層が薄くなったり傷つくことで、様々な影響を肌に与えます。

1) カミソリ負け

カミソリの刃を繰り返し当てることで、角質層が傷付き炎症を起こします。赤みやヒリヒリとした感覚が現れます。

2) 埋没毛(埋もれ毛)

毛穴に傷が付くと、周辺の皮膚が修復しようと働きかけます。やがて毛穴は薄い皮膚で覆われてしまい、毛穴が塞がります。

そのため毛穴にある新しい毛が外に排出できず、中で渦状に丸まってしまう状態です。症状が悪化すると、炎症を起こすケースもあります。

3) 毛嚢炎(もうのうえん)

傷ついた毛穴に雑菌が入り込むと、炎症や化膿を起こします。
ニキビのように赤く腫れ、白い膿が溜まることもあります。治療には抗生物質が必要となる場合もあります。

3) 色素沈着

カミソリや電気シェーバーなどで肌に繰り返し刺激を与えると、メラニン色素を増産するようになります。
特に肌が薄い陰部やワキなどは、黒ずみが現れやすく、一度黒ずみを起こすともとに戻しにくいです。

肌に優しい男性脱毛

メンズ脱毛サロンで使用される脱毛機は、メラニンに反応する特殊な光を放ちます。
そのため、肌への負担を軽くし痛みを抑えることが可能です。毛は徐々に細く目立ちにくくなるため、毛穴が小さくなり滑らかな肌が持続します。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る