スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
自己処理による肌への負担

自己処理による肌への負担

身近になった男性脱毛

写真01

近年男性の間でも脱毛に興味を持つ人が増え、ムダ毛の処理がエチケットとして注目を浴びています。
男性にも使いやすい太く濃い毛専用のムダ毛処理グッズが売られており、自分で手軽にムダ毛ケアできるようになりました。

しかし体毛は毛穴の奥深くから生え、しつこく伸び続けます。自己処理を繰り返すことによる肌への影響は決して無視できません。

肌への負担につい

ムダ毛を自己処理する場合、強い力で引き抜いたり薬剤で溶かしたり脱色するのが一般的です。そのため次のようなことが懸念されます。

  • カミソリ負け
  • 鋭いカミソリの刃を肌に当てることで、肌表面の角質層に傷が付きヒリヒリとした感覚を伴います。さらにそこに細菌が入り込むと炎症を起こし、赤みなどが出ることがあります。

  • 埋没毛(埋もれ毛)
  • 毛穴に傷が付くと、それを修復しようと周辺の肌がカサブタのように覆いかぶさります。毛穴が塞がれてしまうと新しい毛は外に排出できません。渦状に毛が丸まり、炎症を起こす場合もあります。毛抜きや家庭用脱毛器で処理したときに起こりやすいです。

  • 毛嚢炎(もうのうえん)
  • 傷ついた毛穴に細菌が入り込み、炎症を起こします。症状が重いと化膿し、ニキビのように赤く腫れあがり白い膿が溜まります。

  • 色素沈着
  • 薄い肌に何度も強い刺激を与え続けると、肌をより強くしようとメラニン合成が活発化します。ワキや陰部など肌が薄い所は黒ずみが表れやすいです。

このようにムダ毛の自己処理は時間も場所も選ばず手軽ですが、一方で肌に大きな負担を与えます。肌に異常を感じた場合はすぐに使用をやめ、皮膚科医に見てもらいましょう。

負担の少ない脱毛のために

メンズ脱毛サロンでは、専用の脱毛機で肌を冷却しながら安全に処理します。またムダ毛が徐々に薄くなり、滑らかな肌も持続しやすいため、安全面でも効果面でもメンズ脱毛サロンはオススメです。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る