スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
綺麗な胸板になるには?自己処理が与える肌への影響

綺麗な胸板になるには?自己処理が与える肌への影響

スッキリさせたい胸元の毛

写真01

体毛が濃く量が多い男性には、胸毛が生えることがあります。海外ではワイルドでセクシーなアピールポイントとなる胸毛も、黒い毛が目立ちやすい日本人にとっては悩みの種となることが多いです。胸毛にコンプレックスを感じていても、どのように胸元を処理していいのか分かりにくいものです。

今回は胸毛の処理についてお話致します。

胸毛の処理について

胸元のように広く平坦な範囲を手軽に処理するために、T字カミソリを使うケースがあります。お手入れも簡単な上、短時間で済むのがメリットですが、胸毛は体の中心に向かって複雑に毛が流れており、刃を当てる角度を変えるなど剃り方には注意が必要です。また、一度剃ってもすぐに胸毛が伸びてしまうため、チクチクとした肌触りになります。

自己処理が与える肌への負担

そもそも肌には、体内の潤いを保ち外的刺激から身を守る役割があります。特に肌表面にある角質層は、カミソリを繰り返し当てることで剥がれ落ち、肌が敏感な状態になります。

次に自己処理が与える肌への影響についてご説明致します。

・カミソリ負け

カミソリの刃が皮膚の角質層を傷つけることで、ヒリヒリ感や痒みなどを起こします。また、傷口に細菌が入ると肌荒れの原因にもなります。

・毛抜きによる刺激

わずかなムダ毛であれば、毛抜きで対処するケースもあります。毛を根元から引き抜くため、大きな力が加わり毛根部が傷つきます。特に、毛を再生させる毛母細胞が引き抜く力により分裂してしまうと、一つの毛穴から2本の毛が生えるといった事も起きます。

・埋没毛(埋もれ毛)

カミソリや毛抜きなどで処理した際に毛穴周辺が傷つくと、自然治癒力によってカサブタを作ろうとします。薄い皮膚が毛穴を覆い被せてしまい、新たな毛が外に排出されにくくなる現象です。毛は毛穴の中で渦状に丸まり、埋もれてしまいます。摩擦によって自然に毛穴が開き、埋もれていた毛が抜け落ちることもありますが、一方で炎症を起こしてしまうケースもあります。

・毛嚢炎( もうのうえん )

傷ついた毛穴の中で細菌が繁殖し、炎症を起こすこともあります。ひどい場合には患部が赤くニキビのように腫れ、化膿してしまうため、抗生物質の塗り薬や飲み薬が必要となります。

・色素沈着

カミソリの刃を繰り返し当てるなど繰り返し肌に刺激が与えられると、メラニン生成を促し部分的に黒ずむことがあります。

ムダ毛の処理は清潔な状態で安全に行うことが大切ですが、自己処理ではそれが難しいです。肌に優しく安全な脱毛を希望する男性には、専門のメンズ脱毛をオススメします。

RINX(リンクス)の胸元脱毛

メンズ脱毛では専用脱毛機を使ってムダ毛の毛根を刺激し、新たな毛を細く目立ちにくい毛へと変えていきます。そのため自己処理の回数も減り、滑らかな胸板をキープすることができます。一度に広範囲を照射できるため、広い胸板もスピーディーに処理することができるのがメリットです。

RINXの胸元脱毛では、乳輪や鎖骨周辺も含む広い範囲を脱毛できますので、体毛が多くお悩みの男性にもオススメです。ムダ毛の生え方には個人差がありますが、RINXではお客様の体質に合わせたパーソナル脱毛をご提案しております。お客様のお悩みやご要望を丁寧にお伺いした上で施術いたしますのでご安心ください。

スベスベの胸元で清潔感をアピールしたい男性は、RINXまでお気軽にご相談ください。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る