スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
なぜ腰に濃い毛が生える?皮膚と毛穴を知って賢く脱毛

なぜ腰に濃い毛が生える?皮膚と毛穴を知って賢く脱毛

濃い腰毛が生える男性に

写真01

体毛が濃い男性の中には、腰回りの毛で悩むケースも少なくありません。背中に生える毛は、背骨に向かって生える毛流れがあり、特に腰の部分は密集してしまいます。そのため濃い腰毛となって現れ、黒ずんだように見えるのです。腰の毛を処理しておくことで肌が美しくなり、上半身が裸になる時なども自信が持てるようになります。

今回は、腰毛に悩む男性のために毛穴と脱毛についてのお話を致します。

毛穴は毛の再生工場

脱毛を考える前に、毛穴の構造について知っておくとより深く脱毛の仕組みを理解することができます。

産毛も濃いムダ毛も、肌に無数にある毛穴一つ一つから生えています。毛穴は意外と深く2mm~3mm程度あり、根元には毛の成長を促す毛母細胞が存在します。毛母細胞は毛細血管から栄養を吸収し、毛の再生を繰り返します。ムダ毛をカミソリなどで一時的に剃っても、すぐに新たな毛が生えそろってしまうのは毛母細胞の働きがあるためです。脱毛を効率よくするには毛根部から毛を処理することが必要です。

皮膚と毛穴の構造について

皮膚は薄く毛穴は小さいですが、様々な組織が複雑に集合しています。

◆皮膚の構造

皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3部位に分けられます。

表皮:肌表面部分。外的刺激から体を守る
真皮:肌のハリや弾力を保ち、汗や皮脂などの老廃物を排出する
皮下組織:肌の下にある筋肉や骨をつなぐクッションの役割。毛穴はこの部分にまで達している

◆毛穴の構造

毛乳頭:毛母細胞が存在する、毛穴の根元部分
毛細血管:毛乳頭に栄養を送り、毛の再生を促す
毛球:毛乳頭を保護するように包み込む
毛包:毛と毛穴の境目にあり、毛穴全体を保護する
起毛筋:毛を起こし、毛穴を引き締める筋肉
皮脂腺:皮膚のバリアとなる皮脂を出す
汗腺:温度調節のために発汗する他、臭いを作り出す。

濃い毛や太い陰毛など、毛の濃さ太さに限らず同じメカニズムで毛は生え続けます。腰のように手の届きにくい部分のムダ毛は、自己流では安全に処理することが難しく、また毛の再生を抑えることができません。

メンズ脱毛では、毛穴の毛根部に刺激を与えて毛の再生スピードを抑え、徐々に細く目立ちにくい毛へと変化させます。より安全で効率のよいムダ毛処理をするには、毛穴の構造や特徴を熟知したメンズ脱毛がオススメです。

RINX(リンクス)の腰毛脱毛

メンズ脱毛で使用する脱毛機は、毛の黒い部分に反応する光を当てて処理をします。一度に照射できる範囲も広く、腰回りのように広い範囲でもスピーディーに脱毛が可能です。また、毛穴を引き締める効果もあるため肌触りがよく美しい肌へと導きます。

RINX(リンクス)の腰毛脱毛は、背中下(腰~背中半分)の範囲で脱毛を行います。そのため腰毛が広い範囲で生えていても、十分に対応可能です。毛の生え方には個人差がありますので、事前にカウンセリングを丁寧に行いお客様一人一人にあったパーソナル脱毛プランをご提案致します。毛穴や毛の構造を熟知した男性脱毛技能士がおりますので、お悩みやご希望などお気軽にご相談ください。

RINXではメンズ脱毛が初めてという男性の方にも安心してご利用いただけるよう、プライバシーや衛生面に特に配慮しております。腰の産毛を処理して、スベスベで清潔感のある肌を手に入れてみませんか。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る