スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
明るい手元で好感度UP。脱毛と毛周期の関係

明るい手元で好感度UP。脱毛と毛周期の関係

手元の美しい男性

写真01

男性のムダ毛は、ホルモンの影響により生える量や場所などに個人差があります。毛量が多い場合は手の甲にまで生えることがあり、毛の影響で手元が色黒に見えてしまいコンプレックスに感じる男性も多いです。
多くの女性は男性のムダ毛について、濃く生えやすい体質と理解しつつもなるべく無いほうが好ましいと考えています。ビジネススーツを着ていても、手元だけは素肌が露出してしまいます。名刺や書類を手渡す手は意外に見られているものです。手の甲のムダ毛を処理すると、爽やかで清潔なイメージが増し印象が良くなります。

手の甲のムダ毛にもメンズ脱毛

手の甲に生える毛を自己処理する場合、毛抜きやカミソリなどを使用することが一般的です。しかし利き腕側の甲の処理は難しく、何度も新しく生え揃ってしまうため、根気のいる作業です。また、カミソリや毛抜きを繰り返し使用すると、肌に負担を与えてカミソリ負けや毛穴の赤みなどを引き起こす原因にもなります。

メンズ脱毛では、自己処理の難しい部分も均一に脱毛が可能です。さらにムダ毛が生えにくくなることで、毛穴も目立ちにくくなり滑らかな素肌を維持できます。そのためわずかな範囲の脱毛でも、専門のメンズ脱毛に通うことをお勧めします。

毛周期とメンズ脱毛の関係

メンズ脱毛では、毛の生え変わりサイクル「毛周期」を利用して効率よく脱毛を進めていきます。

毛周期とは、毛が生えて抜けるまでのサイクルを各段階ごとに分けて表します。それぞれの毛穴では、毛周期に沿った毛の生え変わりが行われています。

・毛周期

成長期(前期): 皮膚の下にある毛細血管から栄養を取り込み、毛根部に存在する毛母細胞が毛の成長を促す
成長期(後期): 毛が最も活発に成長する時期で、肌表面に長く伸びる
後退期: 毛の成長が止まり、毛根部から徐々に毛が抜けていく
休止期: 完全に毛が抜け落ち、次の成長期に向けて準備期間となる

毛周期の長さは部位によって違いはありますが、一般的に2~3ヵ月程度と考えられています。一度処理しただけでは、後退期や休止期の毛には効いていないため、やがて新しい毛が生えてきます。そのためメンズ脱毛では、定期的に施術を繰り返して、徐々に毛を目立ちにくくしていきます。脱毛が完了するころには、毛穴も目立ちにくくなりいつでも美しい素肌が保てます。

RINX(リンクス)の手の甲脱毛

メンズ脱毛では、成長期の毛にエネルギーを与えて毛根部を刺激します。毛根部にある毛母細胞を弱らせることで、次に生える毛を抑制する効果があります。根本的な脱毛により自己処理の手間も省け、多毛によるコンプレックス解消にもつながります。

RINXの手の甲脱毛では、指を除く手の甲全体を脱毛できます。使用する最新型脱毛器には冷却システムが搭載されており、肌への負担と痛みを抑えます。手の甲のように皮膚が薄く痛みに敏感な部位の施術もご安心いただけます。
毛の生え方や肌質には個人差があるため、RINXでは事前のカウンセリングを実施しております。お客様のお悩みやご希望をお伺いし、お一人お一人にあったパーソナル脱毛プランをご提案致します。経験豊富な男性脱毛技能士が常駐しておりますので、メンズ脱毛が初めての方もお気軽にご相談ください。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る