スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする

RINX◇ニキビの種類とメカニズム◇

NEWS

RINXNEWS ◇ニキビの種類とメカニズム◇

2012年11月04日

《ニキビの種類》

ニキビには大きく分けて、思春期ニキビと大人ニキビがあります。

 

ニキビが思春期(10代)にできてしまう人が多いのは、過剰な皮脂分泌が原因です。

思春期ニキビは特に、おでこから鼻にかけてのTゾーンにできる場合が多いです。

 

大人になってからできるニキビは俗に【吹き出物】と呼ばれていて、ストレス

ホルモンバランスの乱れ、生活環境の悪化が主な原因です。

 

大人ニキビは思春期ニキビとは逆で、皮脂分泌が少なく乾燥しやすいUゾーン(あご・ほっぺた)などにできる人が多いです。

《ニキビができるメカニズム》

1 肌のターンオーバーの乱れ

2 古い角質が溜まる

3 毛穴がつまる

4 皮脂が代謝されないで炎症を生む

 

ニキビができても「ほっておいたら治るだろう」「潰せば早く治るだろう」と思っている人も

中にはいらっしゃると思いますが、それらは禁物です。

お手入れをしないと跡が残ってしまう場合があるので、しっかりと

洗顔コスメを心がけていきましょう♪

 

 

 

 


  記事一覧に戻る 
TOPへ戻る
  • News
  • 美容豆知識
  • Q&A
  • 全サロントピックス
  • 新着情報一覧

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る