スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
首回りにも身だしなみチェックを。ムダ毛の自己処理について

首回りにも身だしなみチェックを。ムダ毛の自己処理について

いつでも綺麗なうなじになるために

写真01

髪の毛を短くカットしている男性にとって、うなじ周辺はすぐに毛が伸びてしまい乱れが気になりやすい部位です。理髪店で上手に剃ってもらえても、うなじ部分は鏡で確認しにくくその後の自己処理は困難です。一年を通していつでも露出をしているうなじ周りは、髭剃りと同じようにいつでもキレイに整えておくと、清潔感のある印象を与えます。

わずかな範囲でもメンズ脱毛

近年では女性だけでなく男性も脱毛サロンに通うケースが増えています。手足など広い範囲の脱毛だけでなく、脇やヒゲなどの細かい範囲の脱毛も人気です。うなじのように手の届きにくい場所の脱毛も、メンズ脱毛は適しています。
メンズ脱毛に通う男性の多くは、安全で効果的な脱毛を求めてサロンに通います。なぜ自己処理でムダ毛を処理しないのでしょうか。次に自己処理による肌への負担についてご紹介します。

ムダ毛ケアと自己処理について

一般的なムダ毛ケアで使われるのが、カミソリ・毛抜き・ワックス・家庭用脱毛器などです。どの手法も物理的に毛を剃ったり抜いたりすることで、ムダ毛を処理します。しかし効果は一時的ですぐに新しい毛が伸び、チクチクとした肌触りとなるのが欠点です。さらにそれだけではなく、自己処理によるムダ毛ケアは肌に大きな負担を与えます。

・カミソリ負け

カミソリの刃が繰り返し当たることで、肌表面の角質層を削ぎ落とします。角質層とは、細胞が幾重もの層となって作られ、外的刺激から身を守り保湿をします。その角質層がカミソリの刃によって徐々に薄くなり、さらに細かい傷がつくことで炎症を起こします。カミソリ負けを起こすとヒリヒリとした感じや痒みなどが生じます。

・埋没毛(埋もれ毛)

毛を引き抜いた際に、毛穴に傷がつき肌がカサブタのように毛穴を覆います。次に生えてくる毛は外に排出することができないため、毛穴の中で渦状に埋もれてしまいます。

・色素沈着

繰り返し肌に刺激が当たることで、肌の奥にあるメラニン色素が活性化し、肌が黒ずみます。

このように、自己処理によるムダ毛ケアは肌に負担を与えるため、あまりお勧めできません。メンズ脱毛では、肌への負担が少なく痛みも抑えられています。メンズ脱毛が注目されているのも、このような理由があるためです。

RINX(リンクス)のうなじ脱毛

うなじは髪型にも関わるため、大切な身だしなみポイントです。メンズ脱毛では、予め脱毛のデザインを決めることができます。自分好みのうなじの形に脱毛すれば、いつでも美しい首元を演出できます。また徐々に毛が薄く目立ちにくくなるため、グラデーションにするなど自然な仕上がりに作ることも可能です。自分の目で確認しながら理想のうなじに近づけることができます。

RINXでは、お客様のお好みに合わせてうなじ脱毛をいたします。事前のカウンセリングにてお客様のご希望やお悩みをお伺いし、お一人お一人にあった脱毛プランをご提案いたします。必ずお客様にご納得いただいてからの施術となりますので、ご安心ください。さらに施術には経験豊富な男性脱毛技能士が担当いたしますので、デザインやその他脱毛に関することなどいつでもご相談いただけます。

うなじを整えて清潔感を維持したい男性は、RINXのうなじ脱毛をお試しください。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る