スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
無理のないムダ毛処理で年齢の出やすいうなじをカバー

無理のないムダ毛処理で年齢の出やすいうなじをカバー

皮膚の特徴を生かして作る綺麗なうなじ

1)次第に薄くなる皮膚の保護

全身の皮膚は、役割によって厚みが変わってきます。まぶたや口元のように、一日中繊細な動きを繰り返す部分の皮膚はとても薄いです。反対に外的刺激を受けやすい足裏や手のひら、背中やうなじなどの皮膚は厚くなっています。
肌を健康に保つためには厚みがある方が好ましいですが、年齢とともに細胞分裂の力が弱まることで弾力が失われ、皮膚は徐々に痩せていきます。体毛を気にする方の多くは、毛を無くすことが目的のため皮膚の保護を軽視しがちです。
しかし、肌表面に刺激を加えずにムダ毛処理を行うことは難しく、程度によっては肌の老化を加速させることもあります。ムダ毛処理の際には、皮膚にできるだけ負担をかけずに行うことが望ましいと言えます。

2)厚みのあるうなじ部分の皮膚

うなじ部分の皮膚は比較的厚く、バリア機能が高い部位の一つです。しかし皮膚が厚い部分からは比較的太い毛がしっかりと生えていることが多く、ムダ毛処理に時間がかかる場合があります。また人によっては痛みを感じることもあるため、処理の仕方をきちんと見極めることをおすすめします。

メンズ脱毛サロンなら、皮膚の特徴に合わせて冷却時間を調節したり、毛周期に合わせて無理なく毛を処理するなど、痛みを感じにくいメリットがあります。
また毛質や肌タイプを見ながら行うアフターケアが、自己処理とは違う綺麗な仕上がりを持続させます。

肌の老化を予防するうなじのケア

写真01

人間は年月の経過と共に肌や髪、身体の各器官などが老化していきます。
この事実を避けることは出来ませんが、意識次第では老化を最小限に抑えたりスピードを遅らせることは可能です。
皮膚の中でもうなじや手の甲は老化が表れやすく、そのサインを見逃さないことが大切です。
肌の老化は、「自然老化」と「紫外線による光老化」の二種類に分けられ、どちらにも共通して乾燥と紫外線が大きく影響していると言われています。

髪の短い男性は、手の甲と共にうなじも常に外気にさらされており、意識的にケアする必要があります。
自己処理や床屋などで襟足の毛をカミソリで剃っている男性は多いですが、ムダ毛処理後の肌はとても乾燥します。処理の後にはしっかりと保湿をし、年齢の出やすいうなじを若々しく保つことを心掛けましょう。

RINX(リンクス)のうなじ脱毛

RINX(リンクス)は、メンズ脱毛を専門とする男性脱毛サロンを東京や全国各地に店舗展開しております。
全身をパーツ毎に分けて行う細かい部分脱毛や、各パーツを組み合わせてご希望のデザインに仕上げる組み合わせ脱毛など、美意識の高い男性にもご満足頂ける様々なプランをご用意しております。

自身で直接確認できないうなじの毛は、お手入れを怠りがちです。RINXでは、専門の男性脱毛技能士がお客様一人一人の体型や毛質に合ったデザインに整え、清潔感のある自然なうなじを実現します。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright© RINX Co.Ltd., All Rights Reserved.

ページ上部へ戻る