スマートフォンサイトへアクセスする
スマートフォンサイトへアクセスする
臭う汗と臭わない汗とは。脱毛で脇汗ケアのエチケット

臭う汗と臭わない汗とは。脱毛で脇汗ケアのエチケット

脇の臭いエチケット

写真01

人間は季節を問わず、発汗しながら体温を調節します。特に脇の汗は臭いや黄ばみを伴うため、対策が欠かせません。デオドラント剤や脇汗パッドなどを利用する男性も多く、今や脇汗対策はエチケットの一つとなっています。今回は、男性の脱毛と脇汗対策についてご紹介致します。

汗によるニオイと黄ばみ

脇汗のニオイや黄ばみが目立つのはなぜでしょうか。毛穴は皮膚の全体に無数に存在し、
その一つ一つの穴には汗の元となる汗腺があり発汗を促します。
汗腺には大きく2種類に分けられ、その性質は大きく異なります。

・エクリン腺

全身に存在する汗腺で、そこから作られる汗は水分99%、塩分1%でできており色や臭いもほとんどありません。発汗には3つのメカニズムがあり、「体温調節による発汗」「緊張などで起きる発汗」「刺激物や熱いものを食べた時に起きる発汗」に分けられます。どれも体をコントロールするための生理的な発汗で、多くの汗はエクリン腺から出されます。

・アポクリン腺

ここから作られる汗にはタンパク質や脂質が多く含まれます。主に個々を識別するための「ニオイ」を出す役割を持ち、動物にとって大切な器官です。しかし人類にとっては不要となり進化の過程でアポクリン腺が減りました。現代人のアポクリン腺は、脇・陰部・耳など部分的に残されています。

また、これらの汗腺以外に全身の皮膚には皮脂線も存在します。皮脂線は、肌を柔らかく潤いを保つ働きを持つ器官です。これらの汗と皮脂とが混ざり合い、毛穴に詰まることで細菌の温床となることで、ワキガ独特のイヤな臭いの原因になります。

さらに、アポクリン腺から出る汗には「リポフスチン(老化色素)」が含まれ、衣類に付着し乾燥することで黄ばみが発生します。アポクリン腺の量は人により差があります。特に耳垢がベタつきやすい人はアポクリン腺が多い体質があり、その影響は親から子へと遺伝しやすいです。

皮脂腺は動物性の脂肪を多く摂ると、働きが活発になると言います。アポクリン腺が多い体質の人は、動物性脂肪を控えることで体臭を抑えられます。

脇汗対策アイテム

脇汗のニオイや黄ばみを抑える商品は数多く売られています。
汗ばみやすい夏だけでなく、冬の間も利用する男性は多いです。

デオドラント剤 : スプレーやジェルなどを脇に塗り、汗のにおいを抑える
脇パッド : 汗を吸い取るパッドを肌着の脇に張り付け、ニオイや黄ばみを防ぐ
汗拭きシート : 清涼感のあるウェットティッシュで、脇を拭う
吸水速乾肌着 : 汗を衣類に残さない、サラッとした着心地の肌着

脇汗対策にもメンズ脱毛

写真03

汗のニオイは、毛穴に詰まった老廃物に細菌が増えることで発生します。メンズ脱毛ではムダ毛を処理するだけでなく、毛穴広がりを抑えて目立ちにくくします。そのため肌を衛生的に保ちやすくなり、脇汗対策にも効果的です。

RINX(リンクス)の脇脱毛を希望される男性の多くは、毛量を少なくする「減毛」をご希望されるケースが多いです。このようにRINXではお客様のご要望や肌質に合わせたパーソナル脱毛が可能です。
経験豊富な男性脱毛技師が施術に当たりますので、メンズ脱毛が初めてという方も安心していただけます。
一年を通して脇を清潔に保ちたい男性は、メンズ脱毛で脇ケアをしてみてはいかがでしょう。

サロンの詳細を見る

店舗名をクリックすると、店舗詳細をご覧いただけます。

【リンクスは安心の男性スタッフ対応】メールでのお問い合わせはこちら(24h365日OK!)

Copyright(C)2015 RINX All Rights Reserved.ホームページ制作

ページ上部へ戻る